-(-)

韓国は4年で密輸156件摘発 日本は17年で在日が行った30件の密輸摘発(sm35387095)

韓国のハ・テギョン議員が日本の方がブラックリスト国だとほざいています。 日本の不正輸出摘発リストhttp://www.cistec.or.jp/export/ihanjirei/fuseiyusyutu_jiken.pdf 韓国SBSの報道のGoogle翻訳です。 <アンカー> 日本は危険な武器を作成することもできる材料が、韓国を通って北朝鮮に渡ったと報道しています。 このような韓国政府を信じることが出来ないので、規制措置を取ったという話を繰り返し続けています。 これは今日(11日)正しい未来党のハ・テギョン議員が、北朝鮮にそのような材料を密輸出しようとして摘発されたのは、むしろ日本だという資料を公開しました。 詳細についてはソヒョン記者がお伝えします。 <記者> ハ・テギョン議員は、日本が過去、北朝鮮にフッ化水素のような戦略物資を密輸出た事実が確認されたと、日本側の資料を提示しました。 1996年から2013年までに30件を超える対北朝鮮密輸事件が日本で摘発されたということです。 具体的な事例をみると、1996年1月、大阪港に入港中の北朝鮮の船舶がフッ化ナトリウム50kgを、2月に神戸港に入港中の北朝鮮船舶はフッ化水素酸50kgをそれぞれ出荷したこと出てきます。 [ハ・テギョン/正しいミレダン議員:むしろこの資料を見れば、日本がブラックリスト国だ。北朝鮮に危険な戦略物資が密輸され、管理がずさんなそんな国だということを示しています。] この資料の出所である日本の「安全保障貿易情報センター」は、1989年に設立された非政府機関で安全保障戦略物資輸出統制関連の問題を研究するところです。 産業通商資源部も今日、日本の主張を再反論しました。 [パク・テソン/産業通商資源部貿易投資室長:フジTVなどが疑惑を提起したフッ化水素無許可輸出摘発事例も日本が問題視する日本産フッ化水素の北朝鮮流出疑惑とは無関係な事案であることが判明しました。] が、日本メディアは今日億知性疑惑を続ける報道するだけで、韓国側反論はほとんど伝えていない。 明日は東京で、今回の事態以後初めて韓日政府の両者協議が開かれるが、日本側はこれも協議ではなく、「実務説明会」との意味を縮小しています。

政治もっと伸びるべき韓国ニュース在日朝鮮人ブーメランwの人ブラック国文在寅保有国特別優遇廃止氷山の一角156件
Ralikkumakun9

ダウンロード

韓国は4年で密輸156件摘発 日本は17年で在日が行った30件の密輸摘発 のダウンロード

関連商品

関連商品はありません

関連動画