-(-)

国防費を削減したい米国と戦争が出来る国を夢見る日本の利害が一致?(sm35387201)

韓国語報道のGoogle翻訳です。 米国が韓国に駐留している国連軍司令部の拡大を推進しています。 政府は、日本の自衛隊の参加は絶対ならない線をたが、米国と日本の両方自衛隊の役割拡大を望んでいて、私たちとしては気になるしかありません。 ボール白癬記者です。 ◀レポート▶ 今日発行された在韓米軍の戦略ダイジェストです。 国連司令部は、危機の時に、日本との協力するとされています。 韓半島で戦争が勃発した場合、日本の自衛隊の支援するかどうかは、敏感な問題です。 国連司令部の電力を提供局は、韓半島で戦争が再び私の場合、再参戦を決意した18カ国で構成されているが、日本はありません。 国防部は、日本の参加はない線をたし、在韓米軍も翻訳エラーがあったと釈明しました。 【ノジェチョン/国防総省公報課長] 「日本は6・25戦争参戦国ではないため、電力を提供局で活動することができません。」 しかし、議論は続くと思われます。 実際、米国では、5月、私たちとは何の協議もなく、ドイツ軍の国連参加を要請するなど、国連の拡大を推進しています。 同盟国を引き入れて中国を牽制しようとする意図で見えるが、軍事大国化を目指す日本がここに呼応しています。 【5月28日、日米首脳会談] 「今日ガガ(海上自衛隊の軍艦)の上に一緒に立っているのは堅固同盟の証です。」 すぐに自衛隊の韓半島派兵はできませんが、アメリカと日本の軍事的密着が韓国としては引き続き気になるしかないに見えます。 MBCニュースボール白癬です。 <アンカー> 在韓米軍が毎年発刊する文書に韓半島にもし危機が発生した場合、日本が介入することができるような表現が出て議論がおこった。 その波長が大きくなると、国防部は、日本の参加を議論したバーない一蹴しました。 キム・テフン国防専門記者が取材しました。 <記者> 在韓米軍司令部が将兵たちに韓半島情勢と韓米同盟、米軍の任務などを紹介するために、毎年発刊する文書です。 ハングル版国連軍司令部編で「国連は危機時に必要な日本とのサポートおよび電力協力を継続すること」というフレーズが、今年初めて入りました。 日本の支援、また電力協力という点で、有事の際、日本の自衛隊が韓半島に国連旗をつけて投入されることが議論を生み出しました。 北東アジア地域で防衛費分担を減らしたい米国と戦争できる国を夢見る日本が理解合致したものと解釈されると、国防部がこれをすぐに否定しました。 以下略

政治軍事韓国ニュース自衛隊旭日旗在韓米軍wの人文在寅保有国横線半島有事日本が朝鮮半島に派兵
Ralikkumakun9

ダウンロード

国防費を削減したい米国と戦争が出来る国を夢見る日本の利害が一致? のダウンロード

関連商品

関連商品はありません

関連動画