-(-)

W杯サッカー予選南北戦を平壌で開催も生中継の許可降りず...紆余曲折の末引分け(sm35819535)

こんな北朝鮮とオリンピックを共同開催したいと、希望するトップが居る国があるらしいw YTN報道のGoogle翻訳です。 [アンカー] ベント監督率いるサッカー代表チームが29年ぶりの平壌遠征でスコアレス引き分けた。 生中継せずに行われた今回の試合は、予想に反して、観客も入場しないまま行われました。 両西昌記者です。 [記者] 大韓サッカー協会が提供した平壌遠征の写真です。 試合開始直前の状況だが、観客席は空っぽです。 当初4万人以上の北朝鮮の観客がスタジアムをいっぱいに満たすものと見たが、予想に反して試合は無関係中行われました。 特にインファントティーノFIFAワールドカップ会長が直接平壌を訪問し試合を見学したが、観客は素晴らしい立場ませんでした。 アジアサッカー連盟、AFCは無関係のが事前に調整された内容は、なくながらホームゲームのマーケティング権利は主催国にありますので、問題にすることができないと説明しました。 生中継中止に、無関係の試合まで。 紆余曲折の末、キックオフしたベン投壺の平壌遠征は試合内容もいっぱいいっぱいでした。 ソン・フンミンと硫黄組ツートップに立ち、ファンインボムとイ・ジェソンナサンホが率いる攻撃陣はベント監督が最も好んで使用された組み合わせだったが、北朝鮮のゴールをオープンに失敗しました。 最近つま先の感覚が絶頂に上がったファンフイチャンとキム・シンウクまで投入して得点に集中したが、最終的には無為に終わった。 0対0。 勝ち点3獲得に失敗したことはもちろん、キム・ヨングォンとキム・ミンジェ二週間前のDFが警告まで受け負担も得ました。 29年ぶりの平壌遠征という緊張感からか前半一時両チームの選手たちの雰囲気が過熱され、マッチコミッショナーが安全要員を配置しました。 競技場内外で険しかった平壌遠征を終え代表チームは来月14日に戻って、レバノンのW杯予選第4戦を受験し。

政治スポーツ韓国サッカー北朝鮮イカサマイレブンW杯予選平壌wの人南北対戦TV生中継許可降りず
Ralikkumakun9

ダウンロード

W杯サッカー予選南北戦を平壌で開催も生中継の許可降りず...紆余曲折の末引分け のダウンロード

関連商品

関連商品はありません

関連動画