#217表 岡田斗司夫ゼミ『へうげもの』の古田織部は現在のスピルバーグ!大茶会はコミケだ!』(4.37)(so32726268)

今夜のニコ生ゼミは、去年末に『モーニング』での連載が完結したマンガ『へうげもの』を取り上げます。 古田織部を一生を描いた『へうげもの』は、戦国時代が舞台なのに茶道マンガという異色の切り口。 今でも使われる「乙なもの」という言葉は、織部が発明した価値観です。 利休茶碗はストイックでアート。 織部茶碗は一発芸。笑わせてなんぼ、うけてなんぼ。 利休の茶碗を甲(A級)とするなら、織部の茶碗は乙(B級)。 乙なものとは、今でいうB級グルメなどのB級のことです。 どうしても利休に勝てなかった織部がたどり着いた境地、それが「B級の方がよい」「乙なものが良い」という価値観だったのです。 千利休がスタンリーキューブリックなら、古田織部はスティーヴン・スピルバーグと語る岡田が、そのおもしろさを、「今」の視点で語ります。 #00:00 『スリー・ビルボード』 #04:54 今日は『へうげもの』(←Amazon) #08:19 織田信長はどんな武将だったか #13:56 真田のガマ #17:00 『へうげもの』の装丁 #20:00 オタキング的漫画の読み方 #27:45 本能寺の変は利休が計画した #39:15 『へうげもの』の悪ふざけ 2018年2月11日収録 ***** 裏放送 watch/1518414930 動画一覧 mylist/58063720 音声(MP3) ダウンロード ご意見・ご要望は こちら

政治映画岡田斗司夫岡田斗司夫ゼミ投稿者コメントへうげものスリー・ビルボード古田織部千利休
岡田斗司夫ブロマガチャンネル

関連商品

関連商品はありません

関連動画